進行方向が反対になる列車は乗る位置に注意が必要だ

小田急江ノ島線に乗ったのですが、

終点の片瀬江ノ島は改札口がいちばん前なので先頭の車両に乗りました。

ところが藤沢に着いたら電車の進行方向が逆になることに気付き、

いちばん前の車両に乗っていても進行方向が反対になると一番後ろになってしまいます。

藤沢で停車時間が数分あったので、

車両の反対側に移って片瀬江ノ島ですぐに改札から出ることができました。

電車に乗っていて途中で走行方向が反対になるところは少ないですが、

このような電車に乗った場合に改札や階段付近のドアに乗ろうとすると、

途中で走行方向が反対になると降りる位置が全く逆になってしまうので要注意です。

小田急江ノ島線に乗って藤沢をまたぐときは、

とくに車両の位置に気を付けなくてはなりません。

帰りの電車に乗るときも走行方向が逆になることをすっかり忘れていて、

階段付近の車両に乗ったのですが、

帰りの階段はホームの真ん中付近で左右対称に階段があったので、

逆の位置に乗ってもドア付近に階段がありました。黒ずみ クリーム 人気